月村了衛の月録

小説家 月村了衛の公式ブログ        連絡先 fidenco@hotmail.co.jp 

さらばノーパンの日々

週刊朝日」連載中の『奈落で踊れ』、遂に最終回を脱稿致しました。

(その間ずっとノーパンで執筆していた……わけではありません)

相前後して「サンデー毎日」連載の『暗鬼夜行』最終回も脱稿。

 

息つく間もなく新連載に着手しております。

近況、及びよしなしごと

□数日前、以前の骨折で足に入れた金属を抜き取る手術を致しました。またも全身麻酔です。

不自由な毎日が続いておりますが、幸か不幸か、やるべき仕事が山積みです。

 

□『ようこそ! アマゾネス☆ポケット編集部へ』

 ジェントルメン中村著 講談社

 噂に違わず面白い。ところどころで実在の人物をモデルにしたキャラクターがいきなり出てくるのがいいですね。

本人を知っているせいか、「カリスマ書店員」には笑った。(しかもけっこう似ている)

 

□何度も書いたことですが、『機龍警察』には、

「台頭する機甲兵装を用いた犯罪に対処するため特捜部が新設された」という設定などありません。

 そんなことは本文のどこにも書いていません。偏狭な先入観や思い込みで作品と接するのは、自戒も込めて慎むべきと考えます。

 また、『機龍警察』の舞台は近未来ではありません。現代です。今まさに我々が直面し生活している時代です。

 

□現代は作家にとって本当に生き辛い時代です。

 私の知る限り、どの作家も心身を削りつつ執筆しています。手抜きをしようなどと考えるプロに会ったことはありません。

 一本の作品を書き上げることがどれほど大変なことか。

そして全力を尽くした末に書き上げた喜びがどれほどのものか。

 私はこれからもすべての作家と作品に敬意を払い続けます。

 もちろん、編集者をはじめその作品に関わったすべての人達にも。

早稲田大学歴史館

早稲田大学歴史館「聳ゆる甍」エリアにて九月十九日より半年間の期間限定で、

「早稲田の文学者たち」テーマ展示が行われます。

私も末席に名を連ねておりますので

お時間があればお立ち寄りを。

https://www.waseda.jp/culture/news/2019/09/02/8276/

 

追伸 入場無料です

『欺す衆生』発売

長らくお待たせを致しておりました『欺す衆生』、

すでに書店に並んでいるようです。

連載完結から書籍化までほぼ一年近く、

ようやく本という形でお届けできる日がやって参りました。

入魂の加筆により、いつも以上にヘヴィ級の内容となっております。

果てのない無明の世界でどうかお寛ぎのほどを。

『欺す衆生』書影

新潮社のサイトに『欺す衆生』書影が出ました。(8月27日発売)

https://www.shinchosha.co.jp/book/339532/

 

何かの記事で読者の方が書いていた「月村作品の表紙コワすぎ問題」というフレーズを見かけて笑ったことがあるのですが、今回は最恐ではないでしょうか。

 

担当編集とデザイナー入魂の作で、どこまでも人間の本質を突き詰めた本作に相応しい表紙と言えましょう。

救いを求めながら救われぬ人間の宿業。最恐となってしまったのもむべなるかな。

 

覚悟を決めた上での御一読をお勧めします。

『欺す衆生』

8月27日発売予定。新潮社刊。

 

以前より公言していますが、私は『東京輪舞』から小説家として言わば第二期に入ったと自覚しています。

『悪の五輪』に続く第二期の三作目は、『欺す衆生』。

 

昨年「週刊新潮」に連載した作品。

クライマックスからラストまで全面改稿の上、満を持していよいよ刊行です。